「ひ」の札は長浜城

滋賀コレかるた

ひでよしさんの てがらでたてた 長浜城

長浜城 (ながはまじょう)


秀吉が浅井氏を倒し建てた城。地名も今浜から長浜に変更

天正元年(1573年)浅井⽒の⼩⾕城を陥落させた武功により、浅井領12万⽯を拝領した⽻柴秀吉は、初めて城持ちの⼤名となりました。

当時今浜と呼ばれていた地を、君主、織田信長の「長」をもらって「⻑浜」と改名しました。
城づくりに必要な材⽊は⼩⾕城などから転⽤して築城されたのが、長浜城です。

現在の長浜城は、昭和58年に安⼟桃⼭時代の城郭を模して天守が復元されました。
内部は⻑浜城歴史博物館となり、秀吉・⼀豊・⽯⽥三成・⼩堀遠州など湖北ゆかりの⼈物や⻑浜の歴史・⽂化を紹介しています。

関連記事

こちらもどうぞ!

TOP