「こ」の札は赤こんにゃく

滋賀コレかるた

こんにゃくも まっ赤が好きと 信長さん

赤こんにゃく (あかこんにゃく)


近江八幡の伝統食品。食用色素で赤く染められている

織⽥信⻑が安⼟城を築いた滋賀県近江⼋幡市では、全国でも珍しい⾚いこんにゃくが慣れ親しまれています。

これは派⼿好きな織⽥信⻑がこんにゃくまで⾚く染めさせたとか、近江商⼈が全国を⾏脚している際にこのような奇抜なアイデアを思いついたなど諸説ありますが、はっきりしたことは分かっていません。

この⾚⾊の原料は三⼆酸化鉄(さんにさんかてつ)という⾷品添加物で、⾚⾊を出す以外に⾷物繊維やカルシウムといった栄養も豊富に含んでいます。

関連記事

こちらもどうぞ!

TOP