「と」の札は琵琶湖疎水

滋賀コレかるた

とうとうと 京都へながれる びわこそすい

琵琶湖疎水(びわこそすい)


琵琶湖の水を京都へ流すために建設した水路。1890年完成

京阪電鉄三井寺駅のすぐ北側を流れる疏⽔運河。京都への飲料⽔の供給と灌漑、⽔運、発電を⽬的として明治18年 (1885)6⽉2⽇に着⼯、約5年の歳⽉をかけて明治23年(1890)4⽉に完成しました。(第2疏⽔は明治45年(1912) に完成、全線トンネルで、延⻑7.4km)。

全⻑11.1km、⽇本⼈だけの技術で、資材⾯などの困難を克服し、明治中期における⽇本⼟⽊技術の確⽴を⽰すとともに、天然の湖にはじめて⼈⼯的変改を⾏なったものとして画期的な事業といわれます。

琵琶湖から取り⼊れられた⽔は、⼯事中もっとも困難を極めた⻑等⼭トンネルを通って京都市⼭科区で地上にあらわ れ、再びいくつかのトンネルを抜け、京都市左京区の蹴上(けあげ)、そして鴨川、宇治川へと流れていきます。 ⼤津屈指の桜の名所でもあります。

関連記事

こちらもどうぞ!

TOP