「み」の札はメタセコイア並木

滋賀コレかるた

みどりの並木 メタセコイアが 500本

メタセコイア並木 (めたせこいあなみき)


高島市のマキノ高原へ続く約2.4kmの並木道

マキノピックランドを縦貫する道路には、延⻑2.4kmにわたってメタセコイアが約500本植えられています。
この並⽊は、昭和56年に学童農園「マキノ⼟に学ぶ⾥」整備事業の⼀環としてマキノ町果樹⽣産組合が植えたのが始まりです。
組合関係者をはじめとする地域の⼈々の⼿により大切に育てられ、その後さらに県道にもメタセコイヤが植栽されたことから、現在の雄⼤な姿となったものです。
平成6年、読売新聞社の「新・⽇本の街路樹百景」に選定され、観光スポットとして注目されるようになりました。

関連記事

こちらもどうぞ!

TOP