「わ」の札は質志鍾乳洞

京都コトコトかるた

わくわくどきどき ちていたんけん しずししょうにゅうどう

質志鍾乳洞


京都府唯一の鍾乳洞。高低差25.1メートルある、たて穴の洞窟

質志鐘乳洞は、京都府唯一の鍾乳洞で昭和2年(1927年)に発見されました。洞内は4つの部分からなっていて、高低差が大きく、洞窟が曲がりくねっています。もっとも広いところでも幅4メートル、高さ8メートルほど。中の気温は平均12℃で夏場でもひんやりとしています。コキクガシラコウモリなどの洞窟コウモリ類の重要な生息拠点でもあり、「京都府指定天然記念物」。

全長52.2メートルの縦穴式鍾乳洞で、入り口から最も深い部分までの高低差は約25メートル。ハシゴのような垂直な階段を降りて進む鍾乳洞の見学は、地底探検のようなスリルが味わえると盛り上がる人も多いそう。公園内はテントサイトやバンガローもあり、キャンプ、バードウォッチング、ハイキングなどが可能です。

京都コトコトかるたオンラインショップ

関連記事

こちらもどうぞ!

TOP