「ひ」の札は日吉ダム

京都コトコトかるた

ひよしダムはヒーロー こうずいから かつらがわを まもるんジャー!!

日吉ダム


近畿で最大規模のダム。内部の見学もできるとして有名

「日吉ダム」は、淀川の総合開発の一環として、淀川水系桂川に建設された多目的ダムです。

貯水池の広さは2.74平方キロメートルで、これは甲子園球場の約70個分にあたり、6,600万立方メートル(東京ドームの約53杯分の量)の水が貯められます。

淀川・桂川が流れる流域、なかでも日吉ダム下流にあたる亀岡市などでは、昔から洪水による被害がたびたび起こっていました。日吉ダムは、台風や豪雨の際に水害をくい止めるために、流れ込む大量の水を一時的にとどめ、安全な範囲で放流し、水量をコントロールしています。また、桂川の水は、桂川にそった地域でさまざまな用水に使われています。日吉ダムは、年間を通じて安定した水量を保って田畑の水枯れを防ぎ、魚など川にいる動植物の生息環境を守るためにも役立っています。

京都コトコトかるたオンラインショップ

関連記事

こちらもどうぞ!

TOP