「る」の札はるり渓

京都コトコトかるた

るりけいの いわたきめぐって ハイキング

るり渓


清流がるり色に見えると言われる、美しい渓谷

「るり渓」は、南丹市園部町の南西部、標高500メートルの高原に位置する渓谷です。

清流に点在する個性豊かな岩や滝、深淵が、景観のアクセントとなっています。特に見どころをピックアップした「るり渓十二勝」にはそれぞれに「玉走盤(ぎょくそうばん)」「双龍渕(そうりゅうえん)」といった特徴のある名前がつけられ、その印象を強めます。両岸には広葉樹やアカマツが四季折々の色彩を添え、川のなかからは時折、カジカの声が聞こえることも。川にはオオサンショウウオも生息しています。

最上流部には人造湖「通天湖」があり、そのほか温泉を備えた観光レクリエーション施設なども整備され、休日には観光やレジャーに訪れる人でにぎわいます。渓谷の主要部は、昭和7年(1932年)に名勝に指定されました。

京都コトコトかるたオンラインショップ

関連記事

こちらもどうぞ!

TOP