「ま」の札は天橋立

京都コトコトかるた

またのぞき あまのはしだて りゅうのぼる

天橋立


宮津湾の観光名所。天地を逆に眺めると龍の姿に見える

京都府北部、日本海の宮津湾にある「天橋立」は、松島・宮島と並ぶ〝日本三景〟のひとつ。宮津湾と阿蘇海の海流がぶつかり、流された砂や小石が海中に堆積したもので、何千年もの歳月をかけて自然がつくりだした地形です。

幅は約20~170メートル・全長約3.6キロメートルの砂州に約5000本の松が生い茂っています。

天橋立を逆さまにみると天地が逆になり、龍が飛び立つように見えるという有名な〝股のぞき〟のほかにも、楽しみ方はいろいろ。天橋立の中を歩いたり、自転車や船に乗ったり、海水浴場で泳いだりすることもできます。なお、天橋立を歩いて渡ると片道約50分、自転車で約20分だとか。

天橋立は、「日本の名松百選」「日本の名水百選」「日本の白砂青松百選」など、多数の日本百選に選ばれています。

京都コトコトかるたオンラインショップ

関連記事

こちらもどうぞ!

TOP