「ら」の札はオオサンショウウオ

京都コトコトかるた

らんらんよるだ!! ちっちゃなおめめの オオサンショウウオ

オオサンショウウオ


世界最大級の両生類。夜行性。鴨川、由良川等にいる

オオサンショウウオは、現存する世界最大の両生類。名前に〝ウオ〟とついていますが、魚ではなく、カエルやイモリの仲間です。国の特別天然記念物に指定されています。オス、メスともに体長60~70センチメートル程度のものが多いのですが、最大では全長150センチメートルほど、体重30キログラム以上にもなるのだとか。

生息地は岐阜県以西の本州および大分県。京都では主に鴨川の上流域に生息していますが、まれに大雨などで流され、下流の市街地で発見されることも。夜行性で、昼間は川岸の横穴に潜み、夜になると活動を始めます。〝半分に裂いても再生する〟という俗説から、「ハンザキ」の異名もあります。

https://karuta.biz/wp-content/uploads/2021/08/c7bd65490fcca47ec938babb32e4e74a.png

えさは何?

https://karuta.biz/wp-content/uploads/2021/10/ky-ra_80pix.png

魚、サワガニ、カエルなどさ! 大きな口でパクッと捕まえて、食べちゃうよ。

https://karuta.biz/wp-content/uploads/2021/08/c7bd65490fcca47ec938babb32e4e74a.png

鴨川べりなど、もし街中で見つけたら、どうしたらいいの?

https://karuta.biz/wp-content/uploads/2021/10/ky-ra_80pix.png

基本的には、そっとしておいてくれればOK! ケガをしていたり、陸地へ上がって迷子になっていたりしたときは、近くの警察や、京都市などの役所へ連絡してくれると助かるな~。

京都コトコトかるたオンラインショップ

関連記事

こちらもどうぞ!

TOP